Report

Engineer/Sound Produce

2015

降谷建志

  • 1st Solo Album 『Everything Becomes The Music』__Kj Solo_ジャケ.png
  • 2015.6.17 Release

BAROQUE

  • Album 『PLANETARY SECRET』__BAROQUE_ジャケ.jpg
  • 2015.5.27 Release

<Other Atist>

  • 中西俊博
  • AZUMI
  • 青山テルマ
  • SOUNDAHOLIC  etc...

2014年

鬼束ちひろ

  • Album 「TRICKY SISTER MAGIC BURGER」

Dragon Ash

  • Album 「THE FACES」ハイレゾ MAstering

Dragon Ash

  • Live Tour THE SHOW MUST GO ON
  • Final At BUDOKAN May 31, 2014

THE 野党

  • Album 「10:10 pm」(5曲 MIX)

a crowd of rebellion

  • 「aquarium」

Alice Nine

Le Velvets

Dragon Ash

  • Album 「THE FACES」

2014年作 前作より3年ぶり、オリジナル・フル・アルバムとしては10枚目の作品!!

1989 - 2013

SCANDAL

  • Single 「下弦の月」

2013年作 60年代のオールドロックを彼女達なりの解釈で描き出した秀作。

Dragon Ash

  • Single 「Walk with Dreams」

2013年作 メンバーの急死を乗り越え、新たなスタートとなった作品。

紗羅マリー

  • Album 「RED」

2013年作 現役のモデルとは思えない、素晴らしい歌唱力と声量の持ち主。少し間違えば古くさく聴こえてしまうロカビリーというジャンルを素晴らしいセンスでおしゃれに歌いこなしている。

Song Riders

  • Single 「TRAUMA」「ON FIRE」

2013年作 ストリートバスケットプレイヤーとしても有名な彼ら。キャッチーで計算された楽曲に彼らの魂が注ぎ込まれた。

SUPER ハンサム LIVE

  • Album 「THE HANDSOME SHOW」

2013年作 アミューズ所属の俳優さん達によるスーパーユニット。三浦春馬、佐藤健をはじめ、歌唱力も優れた俳優さんが多いのにはびっくりさせられた。

SCANDAL

  • Single「HARUKAZE」

2012年作  ビジュアルだけでなく、ロックミュージシャンとしてもなかなかのテクニックを持ち合わせたガールズバンドのお手本ともいうべきバンドの、12年春のシングル曲

Dragon Ash

  • BEST Album「LOUD & PEACE」

2012年作  15年の集大成となる彼らのキャリア初となるBESTアルバム。全曲のレコーディング、MIXを担当した。

THE 野党

  • Album「9:10 PM」

2012年作  パワーアップした野党、第2段!!

SEAMO with 土屋アンナ スガシカオ

  • 「SEX」

2011年作  生々しいドラムとブラスが印象的な秀作

GACKT

  • 「Episode.0」

2011年作  他の追従を許さない独特の世界観を持った彼ならではの音楽芸術作

nothing ever lasts

  • 「Silent Melodies」

2010年作 Rock oN の楽曲コンテストで出会った彼らとのコラボレーションで生まれた作品。今作ではプロデュース、エンジニアリングに加えアレンジまで行い、サウンドの深層部にまで関わった。これまでの音楽シーンにはない、珠玉の5曲。サウンドデザイナー紙(2011/4月号)でリファレンスCDとして紹介。

THE 野党

  • 「8:10 pm」

2010年作 ポルノグラフィティ新藤晴一×湘南乃風SHOCK EYE×サウンドクリエーター篤志からなる新プロジェクトで、今作がファーストアルバム。全く異なる音楽ジャンルをルーツとする3人が織りなすサウンドは斬新かつ新鮮。

Dragon Ash

  • 「MIXTURE」

2010年作 フルアルバムとしては9作目の今作は「今のDragon Ashがミクスチャーをやったらこうなる!」という10年代のミクスチャーシーンを切り開く作品。レコーディングではサンプリングレートを96KHzに上げて音の輪郭や鮮明度をアップさせ、逆にアナログ的ローファイ感をProtoolsの "HEAT" を使って演出。個人的には最新のデジタル機器、DAWで「どうアナログ感を出すか?」ということにこだわった作品。

GACKT

  • 「GHOST」「Blue Lagoon」

2009年作 全ての曲に少しの妥協も許さない彼のサウンドには、いつもミックスする者の度肝を抜く程のトラック数のデータが入っている。視覚(映像)化できる音楽を目指して時間軸に光、陰影を描くようにミックスするよう心がけた。「カッコよければ何でもアリ」というオーダーでさらにネタを挿してサウンドメイキングしている。

  • 「the primary」「Vesperbell」

2008年作 Kannivalism のギタリスト "圭” のソロデビュー作で、Co-Produce に加え Arrange /Programming をこなす。スタジオオープン後初のプロジェクトでテストランを兼ねプリプロからスタート。

  • 「silk tree」

2009年作 前作から引き続き行われたレコーディングで "音楽は芸術である" を合い言葉に完成させたかなり質の高い作品。

Flash Link Studio 完成!!

2008年8月 念願のプライベートスタジオがオープン!!

コダマセントラルステーション

  • 「FUNK YOU」

2008年作 自らの音楽を"歌謡ファンク"と名付ける。「愛してMAX」「Party」「カイラクゼーション」のトラックダウンで参加。とにかくコダMAXのインパクトが強烈。初対面から「なんとか(←忘れた)ビーム」を浴びせられる。不況日本を元気づけるサウンド!

Dragon Ash

  • 「THE Best of Dragon Ash with Changes Vol.1〜2」

2007年発売 この年デビュー10周年を迎えた彼らの集大成となる2枚同時リリースのベスト盤。これは全作品を手掛けている自分にとっても音創りの変遷がわかる貴重なアルバムとなった。

8Ball / move

  • 「Speed Master」

2007年作 沖縄のミュージシャン仲間 8BALL と move がコラボレーションした作品。お互いのいい所を取り入れて絶妙のバランスでできた秀作。もっと別の作品も聴いてみたい衝動にかられたのは自分だけではないはず。

Kannivalism

  • 「Nu age」

2007年作 ビジュアル系バンドとしてくくられているが、サウンドの内容はかなりクオリティの高いロック。レコーディングから質の高さを追求し、リアルな音に彼ら独特のオリジナリティと躍動感が加わった名作。

THE BABYS

  • 「my name is future」

2006年作
Co-Produce作品。3ピースのロックバンドでドラムとベースが女子というめずらしい編成のバンド。そのルックスからは想像できないサウンドが奏でられているミニアルバム。 

ページの先頭へ

専門学校/特別講師

  • キャットミュージックカレッジ専門学校

2006年 エンジニアの後進を育てる為、1年間の契約(月2日間)で講師を勤める。現場でのプロ意識を伝える事、そして実践の中でその意識を養う事を目的としたカリキュラムを組み解説を交えながら進めて行った。自分自身のアシスタント時代を振り返り、基礎を伝えようとする事で初心に返る事ができ、とても充実した時間を過ごせた。

nido

  • 「motion picture soundtrack」

2005年作 kj のエレクトロニカユニットで映画「ギミーへブン」のサウンドトラックに使われた。映像と音楽を融合させたとても質の高いアート的な作品。

Soul Camp

  • 「Soul Campus」

2005年作 沖縄のHip Hop バンド。「BIG MAMA(三線バージョン)」「STAND ALONE」「祝電」「I 温 Tune」のトラックダウンで参加。ヴォーカル 半蔵の純朴な歌い回しには熱唱に値する説得力がある。

BRAHMAN

  • 「CAUSATION」

2005年作 ステージの圧倒的なパワーと激しさとは裏腹にとても緻密なレコーディングだった。あのサウンドはテクニックと計算、そして体力が融合して生み出される。

大沢あかね

  • 「夏日星」

2004年作
作曲家  デビュー作品。本職がミキサーであるが為にレコーディング〜ミックスまで依頼されるが、通常のプロセスのやりなれた仕事をしているのに録っているのが自分の曲という、なんとも微妙な心境で進んだレコーディング。いつもとは違う観点から創り上げた想い出深い作品。

move

  • Album「Deep Calm」

2004年作 彼らとは '03年の「Painless PAIN」から。多忙を極めた時期で、38.5 度の熱を圧してのトラックダウンが記憶に甦る。

横山輝一

  • 「ARTIST'S PROOF」

2003年作 MAX や SILVA などに提供した楽曲のセルフカバーアルバム。ミックスを依頼されるが「カッコ良ければなんでもあり」とのオーダーで、2曲は Remixしてしまった。

HY

  • 「Street Story」

2003年作 インディーズながら100万枚を超えるセールスをあげた記録的アルバム。初の沖縄 MIX は超刺激的!しかし遊ぶ時間ゼロの超タイトセッションだった。東京のプライベートスタジオでベーシックのミックスを行ってから乗り込んだが、やはり空気が変わるとまた別の感覚が加わったミックスになるものだと改めて実感する。仕上がりの充実感が忘れられないアルバム。

ENDS

  • 「MAGIC DAYS」

2001年作
Co-Produce 作品。大胆なストリングスアレンジや STROBO をフューチャー&共同プロデューサーに迎えるなど、聴き所の多い作品。クレジットはされていないが、最後の曲「Purple」のベースは飛澤のプレイ。

Dt.

  • 「COMMUNE」

2001年作 Dragon Ash の Hiroki君が率いる音楽集団 Dt. 彼とはDAのサポートで入る前このセッションで知り合う。ここではメンバーとして参加し自由に音を加工させてもらった。「ピカピカ」では曲の構成も変えてしまうなど、ミックスするというよりはどちらかと言うとリミックス感覚で創り上げた楽曲が多い。

大黒摩季

  • 「雪が降るまえに」

2001年作 収録されている3曲すべてのベーシックトラックをプログラミング。直後に発表されたアルバム「O」ではリミックスを依頼されるが、イントロしか使われず悔しい思いをする。このセッション中に9.11の同時多発テロが起こった。

WU FANG

  • 「〜 Five Fregrance 〜」

2000年作 アルバムの8曲目「Merry Christmas Mr. Lawrence 戦場のメリークリスマスのテーマ」で参加。ヴァイオリニスト中西俊博さんとのコラボレーションアレンジでアレンジャーとして初クレジットされた作品。中国古箏が織りなすあのメロディーラインとローファイブレイクビーツとの心地よい混ざり合いが今でも心に残っている。

エレキハチマキ

  • 「BLOW YOUR LIFE」

2000年作
Co-Produce 作品。エレクトロでどちらかと言うとテクノ的な作品が多かった彼らの作品をできる限りポップに仕上げようとプロデュースした。三ツ矢サイダーのCMに使われスマッシュヒットする。

nuu

  • 「153.7」

1999年作 タイトル曲の「153.7」で参加。この作品のベーシックトラックも飛澤アレンジ。この辺りからミックスのオーダーは「好きなようにして」が多くなる。会心のリズムトラックに彼女の素直なヴォイスが見事にマッチした。

エスレフノック

  • 「美人/ハートフライ99℃」

1999年作 この頃からプログラマー/エンジニアの仕事が増える。この作品のベーシックトラックアレンジメントは飛澤担当。かなりアグレッシブな音してます。

Dragon Ash

  • 「The Day dragged on」

1997年作 記念すべき Dragon Ash のデビュー作。メンバーも3人時代で、一発録りに近い形でのレコーディング。山中湖での合宿レコーディングが思い出される。

  • 「MUSTANG」

1997年作 Pro Tools前、アナログ録音の集大成的アルバム。

  • 「Let's yourself go , Let myself go」

1999年作
'98年、Pro Tools 導入後の初作品。この作品以降、すべてのセッションはPro Tools 内で完結させる手法に切換える。

  • 「Viva La Revolution」

1999年作 堂々200万枚のセールスを誇り飛澤としても代表作。

椎名 恵

「TOY BOX」

1996年作 しいなさんとは前々作「Cherish」(1995年作)からの付き合い。今作は洋楽の名曲をカバーした作品集で音質的には現在でも参考にする程、ミキサー初期(プロツールス前)の作品としてはNo.1に位置づけている作品。特に6曲目の「遥かなる影 -Closs To You- 」は自信作。これもステレオ誌で優秀録音盤として評価される。

中西俊博

  • 「Fiddling in My Nest」

1995年作 ソロヴァイオリニストとして内外から非常に評価の高い彼との仕事はいつも刺激的。ほぼ全編アコースティック楽器のアルバムでひとつひとつのクリアーさと音楽的融合性が求められた。

松阪晶子

  • 「夢を眠らせない」

1994年作 彼女の一連の作品はミキサー初期時代の代表作。
シングルカットされた「燃える瞳を持ち続けて」は当時話題を呼んでいた“カメリア”のCMに抜擢された。3作目の「花のかけら」ではProducerとしてアルバムを創り上げた。

城之内ミサ

  • 「mon cheri」- 愛しい人 -  〜

1992年作 ミサさんとはこの作品(Recのみ)からのお付き合い。彼女は“劇版の女王”と呼ばれた人で、おそらく400曲以上の劇版をご一緒させていただいた。アコースティック楽器中心のレコーディングが多く、スピーディーに作業しなければならないこのプログラムは本当にいい経験、そして勉強になった。

村松 健

  • 「SWIMMIN'」

1991年作 ソロピアニストのアルバム。前作「夏休みの宿題」で2曲参加し、今アルバムでは全曲のREC & MIX をする。初めての Co-Produce 作品。ステレオ誌では CD優秀録音盤と評された。

小室みつ子

  • 「Say You Want Me」

1990年作 REC のみだったが London Air Studio でのMIX に立ち合う。海外のスタジオに刺激を受ける。次作「WISH」では全曲の REC & MIX を任される。

P-J BAND

  • 「NEED A TIME FOR LOVE」

1989年作 フリーのミキサーとなりRECからMIXまで手掛けた記念すべきデビュー作品。しかし残念ながら発売まで至っていないかもしれません。